会社概要業務内容コンセプト提携アーティストお問い合わせ
藤原 良治(ふじわら りょうじ) ガーデナー
1970年12月 7日生まれ
【出身地】
愛媛県 大三島出身  佐賀県伊万里市在住
【最終学歴】
西日本短期大学造園学科卒
【資格】
1級造園施工管理技士、1級土木施工管理技士,2級建築施工管理技士
【プロフィール】
【職歴】
1990年 長崎バイオパーク鞄社
同時にハウステンボスプロジェクトの植栽計画に関わる
1998年〜2004年 ハウステンボス内のガーデニング演出を行う
2004年 10月 長崎バイオパーク梶@会社都合により 泣Oリーンメイクに移籍
現在に至る
【受賞暦他】
2000年 (長崎ポケットガーデンコンテストin雲仙 グランプリ)
2001年 国際花とガーデニングショーin北九州スモールガーデン部門 グランプリ
2002年 国際花とガーデニングショーin北九州バルコニーガーデン部門 グランプリ
2003年 (長崎ポケットガーデンコンテストin雲仙 グランプリ)
【業績】
1998年〜2004年 ハウステンボス内のガーデニングや花のイベント演出を中心に活動
2003年 大改造劇的ビフォアフター出演(テレビ朝日)
2003年 国際らん博覧会in福岡ドーム 主催者展示制作
2003年〜 西日本短期大学非常勤講師(造園学科)
2005年〜 西日本短期大学非常勤講師(保育学科)
2005年〜 地中美術館「地中の庭」ガーデン演出及びアドバイザー
その他 役所工事や公園の基本構想、個人邸や病院、会社の庭の設計・施工など。
【演出について】
【演出へのこだわり(取り組み)】
1.ここちよい空間演出への追求
2.植物へのいたわり、環境へのいたわり、人へのいたわり
3.きわをきわめる

【庭の演出における私の設計手法、セールスポイント】
施主と何度か打合せを行い、お話の中で、大きく3つに分けて話をまとめていきます。

@「使い勝手や問題点について話し合います。」通り道、駐車のしやすさ、外からの視線など不自由にしている場所や気にかかる点、家族の意見など、あらゆる方向からみて利便性について話し合います。

A「施主の好みやイメージする雰囲気を感じ取ります。」日の当たり方や周囲との整合性など周りの環境を施主と共に充分に把握し、書物などを参考に質感や方向性について話し合います。 例えば、古い民家をガーデニングで明るくしたいという依頼の場合、現代スタイルの明るい質感のものを取り入れると不似合いとなりますので、それなりに時間の重みが感じられて、明るい質感の ものを選んでいくと違和感が感じられない明るいスタイルになるなど意見を交わしていきます。

B「レイアウト、デザイン、素材についてまとめます」方向性がまとまった中で、施主の好みに合わせて設計します。@.Aを考慮しながらデザイン要素と遊び心を交えながら極力シンプルで、植物が引立つ ようにまとめるのが今の私のスタイルです。内容に関しては、施主の好みに合わせて調整を行います。

【長く愛着の持てる庭造りの秘訣とは】
庭は育てていくものです。見せる楽しみ、育てる楽しみ、収穫する楽しみ、色々と楽しめる要素を秘めてます。 そして、一番身近にある自然の空間です。趣味という枠ではなく健康管理も含めてライフスタイルの一部として取り入れていくと長く続けていく秘訣かもしれません。

【尊敬しているガーデナー】
クロード・モネ
株式会社パインウッドカンパニー